婚活男子は優柔不断?

婚活中の女性を集めて女子会を開いたときに、こんな話題で盛り上がったことがありました。

「この間、婚活しているイケメンと知り合って、ワクワクしながら初デートに行ってきたんだけど、すべてにおいて『次、どうする?』『これでいい?』『なにがいい?』って確認されて、すごい疲れたんだよね。やっぱり、リードしてくれる男性がいいなって思っちゃった!」

なにかあるたびにいちいち確認されると、答えるのも面倒くさいし、自信がない人なのかな? 優柔不断な人なのかな? と、気持ちが冷めてしまうこと、ありますよね。

「あそこに行こう!」

「次は、こうしよう!」

と、こんなふうにリードされたらトキめいちゃうよね! というのが、婚活女子会参加者全員一致の意見でした。

でも、一方で、男性相談者さんからは、こんな不満を聞きました。

「女性って、意見を聞くと、『なんでもいいよ』 ってよく言いますよね。それなのに、決めて伝えると不服そうだったりして……。意見を尊重しようと思って聞いてるんだから、そのときに『これがいい』とか、『これはイヤ』とか言ってほしい。あとから文句言われると、すごく萎えるし、せっかく考えたのに……って、がっかりする。それで、次もデートに誘うかどうかが大きな悩みになったりするんです」

……たしかに、女性の「なんでもいい」は、実際はなんでもよくないことが多いもの。

なにがいいとか悪いとか、本当は頭の中で決まっているのに、「なんとなくわかるよね?」と、相手の理解に期待して言わない……思い当たることがある方、少なくないはずです。

このように、婚活中だけではなく、男性の「女性の意見を尊重したい」というせっかくの思いやりを、私たち女性の、本当はなんでもよくない「なんでもいい」という言葉が台無しにしてしまっていることがあるのです。

もしかすると、婚活や恋愛に積極的になれない内気な男性が増えてしまった理由は、私たち女性が強くなり、こんなふうに文句を言うことが多くなったからかも……。

そう考えると、男性に「リードしてよ!」と、一方的に気持ちを押しつけてしまうなんてひどいことですよね。

男性が、女性に対して「どうしたい?」「なにがいい?」と聞いてくるのは、彼らの思いやりからです。そりゃそうですよね、結婚してくれるかもしれない相手ですから気を使っているんです。

「自分の意見を言わないなんて、男らしくない!」なんて決めつけてしまわずに、まずはその思いやりを素直に受け取りましょう。特に婚活中の身であるならばここのような婚活サイトで出会うこともあるはず。そういった相手は初対面な人がほとんどなはず。

そこで、「わかってないなぁ」なんて思うのは、あなたが間違っています。

さらに、「なんとなくわかるよね?」と相手に過度に期待するのは厳禁。

「なんでもいい」という言葉は、絶対に使わないようにすることです。

本当に「なんでもいい」と思ったときでも、必ず「AかBがいいな」や、「C以外なら大丈夫だよ」と、意見を求めてきた相手に心くぱりをすることが大切。そうしないと、男性だって困ってしまいます。

ある程度、選択の幅を狭めることができる回答をくり返し伝えれば、男性側もあなたの好みを把握することができ、徐々にうまくリードしてくれるようになりますよ!

女性もある程度男性の考えを知ったうえで行動しないと、いい結婚相手に逃げられてしまいますよ。